Square(スクエア)の評価&体験談

カード決済Square(スクエア)を使ってみた感想や体験談を紹介するブログ

【Square】JCBにおける回数券などの役務は?他とは異なる!

f:id:shaloom2016:20170628211911p:plain

2017年6月28日よりスタートしたSquare(スクエア)におけるJCB、DISCOVER、ダイナーズクラブのカード決済。このことにより日本でも益々、Squareのカード決済を導入しようとされる店舗さまが増えることが予想されます!

従来、使用可能だったVISA・Master・アメックスなどのカードと、今回スタートしたJCB系カードでは継続的にサービスを行う役務(回数券・チケット・コースなど)の利用条件が異なりますので、注意が必要です。

今回は、その辺りの情報をわかりやすくご紹介させていただきます。ぜひ最後までお読みください。

 

継続的な役務とは?

Square(スクエア)が他のカード決済会社と違うメリットの1つに、継続的にサービスを提供するための回数券やチケット・コース販売などの継続的役務提供(前払い)が可能である!というものがあります。

Squareの公式サイトでは、次のように記されています。

コース、回数券等の数ヶ月にわたって継続的にサービスを提供する(以下、継続的役務)場合にともなう、Squareにてご利用可能なカード決済の条件・・・

 

公式サイトより引用

回数券や継続的にサービスを提供する際のSquareカード決済制限について | Squareヘルプセンター - JP

 

楽天ペイなど、他のカード決済サービス会社のほとんどは、このような継続的な役務提供のカード決済は一切取り扱いできません。ですのでSquareの最大のメリットはここにあります(私的には・・)。

役務については過去にも記事を書きましたが、Squareではビジネス形態・業種などによって継続的役務提供の期間や金額などの条件が異なります。

 

【詳細はこの記事で↓↓】 

要約すると、VISA・Master・アメックスにおいて、エステ業での役務サービスは『5万円以上なら期間は1ヶ月未満。または、5万円以下なら期間は1年間以内』のものは利用可能でした。

その他の業種(整体・整骨院・マッサ―ジ店・ホワイトニング・学習塾・パソコン教室・・など)においては『5万円以上なら期間は2ヶ月未満。または、5万円以下なら期間は1年間以内』の継続的サービスは利用可能となっています。

では、今回Squareでも決済可能となったJCBおよびDISCOVER、ダイナーズクラブはどのような利用規約となっているのか?次項で詳しく見ていきましょう。

 

JCB、DISCOVER、ダイナーズクラブにおける役務利用条件は?

上記でご説明したような従来からSquareで利用可能だったVISA・Master・アメックスなどの継続的役務提供の条件と、今回Squareと提携された新たな3種カード(JCB、DISCOVER、ダイナーズクラブ)とでは少し条件が異なりますので注意が必要です!

では、JCB、DISCOVER、ダイナーズクラブにおける継続的役務提供のカード決済についての条件を詳しくまとめてみます。

 

■エステサロンの場合

5万円未満かつ、期間は1年間以内

業種がエステサロンの場合、継続的役務提供のJCB、DISCOVER、ダイナーズクラブのカード決済は、『5万円未満の回数券またはコース料金で、かつ期間は1年間以内』という条件であれば、利用することが許されています。

他のカード(VISA、アメリカンエキスプレス、Masterカード)であれば、『1ヶ月という期間内のサービスであれば、5万円以上でも可能』という条件もあるのですが、JCB、DISCOVER、ダイナーズクラブの3種類のカードは、これには該当しません。

 

■その他の施術業(整体、整骨院、マッサージなど)の場合

5万円以上なら期間は2ヶ月以内

5万円未満なら期間は1年間以内

エステサロンを除く、その他の施術業(整体、整骨院、マッサージ、カイロプラクティック院、鍼灸院など)の業種では、VISA、アメリカンエキスプレス、Masterカードの3種と同様に、JCB、DISCOVER、ダイナーズクラブでも上記の2つの条件でカード決済が許されています。 

 

■学習塾や教室、結婚紹介サービスなどの場合

5万円未満なら期間は1年間以内

これらの業種では、継続的役務提供のJCB、DISCOVER、ダイナーズクラブのカード決済は、『5万円未満のコース料金で、かつ期間は1年間以内』という条件であれば、利用することが許されています。

他のカード(VISA、アメリカンエキスプレス、Masterカード)であれば、『2ヶ月という期間内のコースであれば、5万円以上でも可能』という条件もあるのですが、JCB、DISCOVER、ダイナーズクラブの3種類のカードは、これには該当しません。

 

 

きちんと理解しましょう!

これらのことを踏まえて、あなたのビジネスや店舗で扱うサービス・回数券・チケット・コースなどの期間と料金に応じて、利用規約違反にならないよう、きちんと理解しておくことが大切です。

 

(ケース1:整体院の場合) 

2ヶ月間の施術コースで料金が59,800円

  ↓↓

すべてのカードで決済できます

 

(ケース2:エステサロンの場合) 

1ヶ月間の施術コースで料金が59,800円

  ↓↓

VISA、アメリカンエキスプレス、Masterカードの3種類なら可能。

※JCB、ダイナーズクラブ、DISCOVERのカードは不可

 

(ケース3:英会話教室の場合)

2ヶ月間の講座で料金が59,800円

  ↓↓

VISA、アメリカンエキスプレス、Masterカードの3種類なら可能。

※JCB、ダイナーズクラブ、DISCOVERのカードは不可

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

実際にSquare(スクエア)のカード決済を利用させていただいている私が、今回のリニューアルによって新たに使用できるようになったJCB、DISCOVER、ダイナーズクラブのカードについて、Squareのサポートセンターに色々と問い合わせた最新の情報をご紹介させていただきました。

Squareのカード決済を導入しよう!とお考えの方々に役立てば幸いです。

 

そして現在、Squareでは初期導入時に掛かるカードリーダー代(4,980円)が、全額キャッシュバックされる『キャンペーン』が開催されていますので、カード決済を導入されるのは今が大変お得です!

 

全額キャッシュバックの流れ

Suquareの公式サイトから新規アカウントを登録後、14日以内に下記の手順を行えば『キャンペーン』が適用され、カードリーダー端末(4,980円)が全額キャッシュバックされます!

(手順1)登録・審査

Squareの公式サイトから新規アカウント登録(無料)を行います。そうすると自動的に審査が開始されます。

 

(手順2)カードリーダー購入

新規アカウント作成後、管理画面にログインしたままの状態でメニューからSquareカードリーダーを購入します。通常1週間以内には届きます。

 

(手順3)利用開始またはテスト

カードリーダーが届けばスグにでもカード決済のテストができるように、前もってお持ちのスマホやタブレットにSquare POSレジアプリ(無料)をダウンロードしておきましょう。

登録したアカウントでログインできますので、メニューや商品などを登録しておけば便利です。そして、カードリーダーが届けば実際にお客様に対してカード決済を利用開始、またはご自身のカードによる100円テストでもOKです。

 

※カードリーダーの故障、またはSquareアプリが正常に作動するかどうかをチェックするために、カードリーダーが到着後すぐに、ご自身のカードによる100円テストを、お客様の決済を行う前に必ず行ってください!

 

(手順4)キャッシュバック申請

カード決済またはご自身のカードによる100円テストが完了すると、Squareからメールが送信されて来ますので、メールの案内フォームに沿ってキャッシュバックの申請を行います。


※※

これら1~4の手順を期間内である14日以内に完了することで、カードリーダー代(4,980円)が全額キャッシュバックされますので、必ず申請しましょう! 

  

【↓↓無料アカウント作成】

最短当日でカード決済導入!